新着情報

東京都北区田端新町 キッチン水漏れ

■2020/02/26 東京都北区田端新町 キッチン水漏れ
東京都北区田端新町 明治通りと尾久橋通りの交差点付近にお住まいの方より【水漏れ修理】のご依頼です。

奥様が早朝、朝食の準備をしようとキッチンに立つと足下に敷いてあるキッチンマットが《ビチョビチョ》に濡れてしまっていたようです。
前日、家事を行った際は水をこぼしたといったことはなく、夜中家族の誰かが水をこぼしたのかなぁ~といった軽い感じ《プンプン》しながらキッチンマットを片付けたようです。

が・・・・・・・

キッチンマットを取外し床を拭いても拭いてもキッチンの下から水がしみ出てくるのでこれは何かおかしいと慌ててスマホで【キッチン・水漏れ】で検索しお問合せ頂けたようです。

【お伺いした際の状況】
お問合せのお電話を頂いた際に、水道メーター付近に取付けて有るバルブを閉めていただくようお願いしておいた為、お伺いした時点では床に水は溜まっていませんでした。

システムキッチンのシンク・水栓金具(蛇口)付近ではなく、ガス調理器具下部付近の床に水が溜まっていたというお客様からの情報を基に、ガス調理機器下部収納に開口を開け、水道管・給湯管など設備配管を調査する事になりました。

【システムキッチン収納部を開口し給湯管を目視】
収納部を開口し給湯管を目視にて確認します。給湯配管に腐食はありますが、この部分で漏水はしていないようです。

エルボという名称の銅製の給湯管を90度曲げるための部材。給湯管の径を変換する為の異形ソケット
エルボに緑青(腐食)が見受けられますが、漏水・ピンホールは見受けられません。

銅製の給湯管に被せてある白色の保温管の内側より水が伝わって来ています。保温管を削り取り確認

この状況より、漏水箇所はこの部分より給湯器側と言うことが断定できます。
これ以上、先程開けた収納開口部からでは作業続行は不可能な為、ガス調理器・収納を取外す事に

システムキッチンの天板は残し、ガス調理機・収納部を取外した状態

白い保温被服を被した給湯管が見えました。

上のグレーの配管が給湯管
下の白い配管が給湯管 です
給湯管の曲がった部分に縦に筋が入っています。

怪しいです



保温管の削り取り、止水バルブを少し開け
給湯管内部に圧力を掛けてみると・・・・・

水がにじみ出てきました。
保温管を完全にはぎ取り、給湯管全体を見えるようにします

縦に給湯管に筋が入っています
さらに、止水バルブを開け給湯管内の圧力を増やして行きます

【ピュ~】と噴水のように水が吹き上がりますした。
水漏れヶ所(ピンホール)を発見!!!!!
原因ヶ所が発見できれば、あとはこちらのもの

給湯管をニッパを使ってズバッと切断

パイプカッターを用いて、給湯管の形状・切断面がキレイになるようにカット

電時差が生じ無いように銅製の繋ぎ込みワンタッチソケットを銅管に被せつけます。

ステンレス製のフレキシブル管を適正の長さに切断・端部をナット締めできるように専用工具を使用し加工
抜き取った給湯管の部部に配管します

ティシュを用いて

給湯管の接続ヶ所から水がしみ出さないか確認しました。

濡れてません。完璧です
配管作業が完了したら・システムキッチンを元通りに戻して行きます

下部収納を設置し

ガス調理機を戻し・システムキッチンと壁の取り合い部分をシーリング処理を施します

はじめに開口部を開けた下部収納も補修し

作業完了です。


株式会社隆雅 住まいの相談所
東京都荒川区町屋の地域密着型の小さな工務店です
小さいの工務店なので現地調査から工事完了まで専属の一級建築士が直接担当いたします。
水漏れ・詰まり・蛇口の交換など水回りのトラブルはお気軽にお問合せください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
住まいの相談所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:〒116-0001 東京都荒川区町屋3-31-3
TEL:0120-993-336/03-6807-6690
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆