施工実績

リフォーム 雨どい 庭の整備 荒川区 K様

荒川区 K様宅にて

K様宅にて

リフォーム 雨どい 庭の整備

新築 荒川区 M様

M様宅にて

M様宅にて

新築工事 荒川区

 

床下漏水の修理 東京都北区昭和町

 

東京都北区昭和町 【下町のディズニーランド】荒川遊園地までは徒歩圏内の築25年程度のお宅です。

洗面所の床下で『シュー』と音がする.とお問合せいただきました。お伺いし洗面所の『シュー』という異音の状況を確認。家の中のトイレ・キッチン・浴室・台所、外部の散水栓と水道設備の蛇口がすべて閉まっているかを確認の上、家の外にある水道メーターを点検してみると・・・・・

パイロットメーターはもの凄い勢いで『クルクルクル』と回っています。

再度、蛇口が開いていいないか?水道を使用していないか?を確認しましたが・・・・・やはり、すべての蛇口はやはりしっかりとしまっています。

残念ながら洗面台の床下で、漏水しているのは確実な状況。(+_+)

IMG_1415

洗面台を外し、床(フローリング)を一部めくって現状確認。 ”(-”"-)”  な・な・なんと・・・・・給湯管の継手がはずれてしまっていました。

現状をお留守番の奥様に報告すると、今回の漏水箇所は1階の床下で、漏水箇所が上階(2・3階)の床下でなかっただけ、お部屋の被害が最小で抑えられたのが『不幸中の幸い』だったのかなぁと・・・落胆しておりした。

☆☆☆工事の詳細はブログ『ちょこっと工事日誌』をご覧ください。☆☆☆

 

 

フローリングの張替です。東京都豊島区東池袋

東京都東池袋 鉄骨2階建てアパートの一室で床板フローリングを張替えました。

駅に出てしまえば交通の便は良いのですが、この物件駅まで徒歩15分と駅から少し離れていることもあるせいか入居者さんの居住期間が短く、新築時より約10年程度の間で今回退去された居住者さんで既に4人目と居住期間平均2~3年と回転率が少し早いようです。

新築当時は濃いめの床板(フローリング)が定番となっていましたが、「今どきは明るめの床板(フローリング)の方がうけがいいみたいね。」とオーナーさんのご意見を尊重し明るめの床板(フローリング)に張替える事になりました。

今回使用した商品は、【パナソニック WPBリフォームフロアー】

商品の最大の特徴は厚みが1.5㍉と非常に薄く、加工切断は丸ノコではなくカッターでおこなえ、貼りつけは超強力な専用の両面テープで既存の床板(フローリング)に直接貼りつけられるということです。

IMG_0953

【↑画像補足 既存の床板(こげ茶)超強力両面テープ(白)WPBリフォームフロアー(うす茶色)】

加工はカッター・貼りつけは両面テープということで、リフォーム工事の最大のネックである【ほこり】【騒音】が最小限に抑える事ができ、アパートなど共同住宅のフローリングの張替にはもってつけな商品です。

IMG_0955

約1日がかりでオーナーさんご希望の明るい床(フローリング)に2部屋張替完了です。

☆☆☆工事の詳細はブログ【ちょこっと工事日誌】をご覧ください。☆☆☆

扉の交換です。台東区上野桜木

 

上野公園・東京芸術大学・国立博物館まで徒歩10分圏内と清楚な雰囲気漂う、東京都台東区上野桜木のマンションの1室でクロゼットの扉を折戸から3枚引き違い戸にモデルチェンジ(交換修理)いたしました。

IMG_0326

中にギッシリと隅から隅まで荷物が収納されているので、 あえて扉が開いている画像はご遠慮うさせていただきます。

『折れ戸』は扉を開いた際、有効寸法が広く取れるため収納(クローゼット)扉として機能性は優れています。

『折れ戸』についての好き嫌いは人それぞれですが嫌いな人は嫌いとはっきりしています。(私は嫌いです。修理はしますが絶対にお勧めいたしません。)

開口寸法が広く取れる素晴らしい機能性がある反面、故障しやすく修理依頼も多いのが現状です。

『もう、折れ戸は嫌!!』という事で引違のクローゼット扉に変更しました。

IMG_1051

開口寸法を広く確保するため、2枚建てではなく3枚建ての引き違い戸に。色合いもダークな色調からピュアな色合いに変更いたしました。

 

マンション雨漏り調査 文京区小石川

東京ドームにほど近い、東京都文京区小石川の白山通り沿いに建つ地上5階建てのマンションで雨漏りの調査です。

IMG_0493[1]

最上階の5階ではなく、なんとその下の4階のお部屋で雨漏りしているそうです。

本来ならば雨の降っている時間帯にお伺いし、現状を把握するのが一番効率が良いのですが4階にお住いになられている方のお勤めの関係で調査は日曜日限定です。

ここ最近の日曜日はいいのか・悪いのか?都合よく雨が降ってくれません。日曜日に雨が降るのをいつまでも指を咥えて待っている訳にもいかず、仕方なく限りある資源の水がもったいないのですが散水調査を行うことにしました。

IMG_0487

5階の屋上・外壁に散水 散水開始後10分程度でやはり5階のお部屋には異常はありませんが、4階のお部屋の天井から水がポタリポタリと滴り落ちてきました。

IMG_0480[1]

なぜ?・なぜ?・なぜ?5階の屋上に水を撒いているのに5階ではなく4階の天井なんだ?????とりあえず5階のお部屋の床をはがしてみることに

IMG_0506

5階のスラブにはやはり水が溜まっています。スラブコンクリートのひび割れカ所から4階の天井に水が落ちてました。

では、5階のスラブにどこから水がはいってきたのか?引き続き色々と半日がかりで調査した結果・・・

『エアコンの配管を伝わった雨水がエアコン配管用のスリーブを通り外壁から床下の室内側に浸水したもの』と結論付けました。

改修工事の詳細はブログ『ちょこっと工事日誌』をご覧ください。

システムキッチンの入替 荒川区町屋

荒川区町屋の駅前通り(尾竹橋通り)を荒川方面に進み、尾竹橋のたもとにあるドンキホーテ近くのお宅でシステムキッチンの入替です。

IMGP0929

現状のキッチンンは調理台とシンクの幅を合わせて120cmとかなり狭く、収納力も少なく手狭なスペースでどうにかやりくりされています。

キッチンの入替を検討される際、『調理スペースを大きく(間口の広いキッチンに)できればしたい。』という願望は台所に立つ、多くの奥様方な率直な気持ちではあります。

お住いの中の構成はキッチン(台所)以外の生活空間も当然に快適である必要があり、キッチンを既存のサイズより大きくし他のスペースを狭くすることは、あまり多い事例ではありません。

たしかに、『古くなったキッチンを新しいものに交換したい』・『収納力を高めたい』といった要望でしたら現状を同じサイズのシステムキッチンに交換すれば、要望通りの『ピカピカに輝いたモデルチェンジするたびに収納力の向上したシステムキッチン』が手に入ります。

今回の奥様の奥様のご要望は『キッチン(作業台・シンク)がとにかく狭い・収納力が少なすぎる』ならば思い切ってやっちゃいますか、という事で

IMGP3263

ワイド寸法は従来設置されていたキッチンの2倍 260cmもあるアイランド型のシステムキッチを設置

『調理台・シンクを大きくしたい』1点目の要望はクリアー アイランドキッチン背面の壁全面340cmにカップボード・家電収納を設置し2点目の『収納力を多くしたい』もクリアー でも・・・・・・「こんなに入れるものないなぁ」とカップボードの中はスカスカでした。

工事の詳細はブログ『ちょこっと工事日誌』で

 

 

フローリングの張替 北区上中里

 

北区上中里の純和風の専用住宅で玄関・廊下のフローリング(縁甲板)を張替えました。

 

IMGP1861

廊下の床板が『ベコベコ』しており、ワザと体重を掛け踏込めば床が抜けてしまいそうです。

床が『ベコベコ』してしまう原因としては、工業製品であるフローリング内部での【せん断破壊】が考えられます。せん断破壊を起こしてしまった製品は交換する以外に直しようがなく、現状の床板(フローリング)を全てはがし新しい床板に張替える事になりました。

床をはがした際に現状の床の仕様は一重張りと判明し(根太に直接仕上げのフローリング材が張ってある状態)一重張りも床が『ベコベコ』する原因の1つであると考えられるため、急きょ構造用合板を捨て貼りした二重張りに使用を変更することになりました。

IMGP1872

根太の上に針葉樹の構造用合板を捨て貼りしました。

IMGP1858

以前と似た風合いのフローリング(縁甲板)を張りおえ作業終了!!

床の仕様も1重から2重になり耐震強度も向上、せん断破壊もなく床の『ベコベコ』も一切なくなり、飛び跳ねても床が抜ける心配もありません。

 

換気扇スイッチを交換しました。 台東区谷中

 

台東区谷中の新築住宅です。

浴室・トイレの換気扇が回っているのか?回っていないのか?わかりづらく『蛍スイッチ』に変更してほしいとご依頼いただきました。

IMGP1785

照明のオン・オフは扉上部の小窓から漏れる明かりで確認できますが、換気扇のオン・オフはコスモ型のスイッチでは解りづらく、いちいち扉を開けて『モーター音』を確認するしかありません。

「そのうちなれるかなぁ?」と入居から4か月経過しましたが・・・・・日々ストレスが溜まりついに我慢の限界とご依頼いただきました。

IMGP1786

スイッチのカバーを外し、内部スイッチを『蛍スイッチ』に組替え、電線を壁の内部に押込みます。同様に『蛍スイッチ』専用のカバーに変更ししっかりと壁に取付け作業完了です。

IMGP1790

換気扇を使用している際は『』のランプが点灯し・未使用の際は『』色のランプが点灯します。これでいちいち扉を開けて『モーター音』を確認することなく一目で使用・未使用の確認ができ【ストレス】を軽減できると喜んでおりました。

網戸の張替です。荒川区町屋

会社から徒歩3分のところにある都営団地にお住いの方より網戸の張替のご依頼です。

ご自身で張替をチャレンジしようと、夏前に張替用の網とビートをホームセンターで購入されていたようですが、準備・作業になかなか気が乗らず気が付いた時にはすでに夏は終わり、サンマの美味しい秋になっていました。

網やビートといった材料はホームセンターで安価で購入することができますが、カッター・はさみ等、既にご家庭に有るものはいいとして、ビートを押し込むローラー・仮押さえ用のクリップや作業台などをご自身でその都度、準備することは経済的ではありません。

そんな訳で今回の網戸の張替はお客様の材料支給です。

IMGP1680

張替る数量は1枚準備・片づけに作業時間の2/3以上を費やしてしまいました。

システムキッチン(タカラスタンダード)の入れ替え 東京都荒川区南千住

 

隅田川沿いの以前は、警視庁長官もお住まいになっていた荒川区の誇るタワーマンションの一室でシステムキッチン(タカラスタンダード)の入れ替えを行いました。

IMGP1663 IMGP1705

タカラスタンダードの一番の売りである【ホーローキッチン】に奥様がとにかくべた惚れということもあり、他のメーカーの選択の余地は一切なし。あとは工事金額の折り合いをつけるだけ、お見積書を作成し「この金額でどうでしょう?」『はい。わかりましたその金額でお願いね』と即決即断あまりのスピードにタジタジしてしまいました。

IMGP1703 IMGP1701

職人さんと旦那さんと恒例の記念撮影。

以前の、こげ茶の扉に白の調理台のキッチンも、モダンでシックな感じの中に清潔感があり素敵でしたが、新しく設置したシステムキッチンは、扉・調理台を白で統一しアクセントとして換気扇・グリルにアルミカラーを取入れスタイリッシュ且つ、清潔感漂う仕様となっています。

 

吊戸棚・冷蔵庫などの耐震対策。東京都文京区本郷

本郷通りを挟み、東京大学安田講堂にほど近いお宅で地震対策です。

築15年程度と比較的新しい建物で、平成7年1月に発生した【阪神淡路大震災後】に建築されたこともあり建物本体の耐震強度はしっかり確保されています。

建物本体が倒壊・損傷する恐れはなくても、やはり頭の上の食器棚・冷蔵庫は地震の度に『ガタ・ガタガタ』と嫌らしい音を立てて脅かしてきます。食器棚の扉が開き食器が落下するのを防ぐため 扉に金物を取付けました。

食器棚の耐震

以前は、ホームセンターで購入した『耐震ラッチ』を取付けていましたが、いまいち使い勝手が悪く『耐震ラッチ』を外してとりつけました。

よほどの地震でない限り冷蔵庫が転倒する事はありませんが、予防対策を施して置くにこしたことはありません。

冷蔵庫の耐震

冷蔵庫も『チェーン』でしっかりと冷蔵庫の上部と壁をつなぎ、大きな地震が発生した際も冷蔵庫が移動・転倒する恐れが小さくなりました。画像はありませんがテレビ・パソコン・仏壇・洋服タンスなどにも耐震対策をほどこしました。