IMGP0736 IMGP0746

足立区入谷の木造2階建て築年数は、聞き忘れましたがきっと私と同じくらいの35~40年位といったお宅です。

2階の元子供室(現空き部屋)の扉(建具)の取っ手がかれこれ10数年壊れたままの状態でしたで、すき間風の影響か時たま誰もいないはずの2階から「パッタン」と音がする度に2階に泥棒がいるのではないかと年配のお二人暮らしということもあり、音がする度にビクビクとしていたそうです。

IMGP0736

もはや取っ手はなく扉(建具)には丸い穴があいている状態です。一概に取っ手と言っても戸厚・バックセット・大手等1ミリ単位で取り付けできるできないがあり、似たようなものならば何でもいいというわけではありませんのでしっかりと主要のサイズを計測し適合する部品を選定します。

IMGP0745

木製の扉(建具)の修理では従来の取り付けビスの等の状況で新しい取り付けビスがしっかりと効かない場合がよくあり、しっかりと固定できるよう補強する必要があります。

IMGP0742

ゆるくなってしまった穴に詰め物をし、しっかりと補強してから新しい取っ手(握り玉)を取り付けます。

IMGP0746

取っ手(握り玉)を取り付け工事は終了・・・・・ではありません。取っ手が受けにスムーズに納まるか・鍵は硬くないか・などなど微調整を繰り返し行い不都合がなくなり取り付け完了です。

これで、誰もいない2階で勝手に扉(建具)が開閉する事もなく泥棒か?とビクビクすることもなくなり今回の修理は完了です。

・・・・・・・

『ちょこっと修理・リフォーム大歓迎‼』荒川区町屋を拠点に荒川区・足立区・台東区・北区・文京区・墨田区・川口市・草加市近郊の「住まいの困った」に日々奮闘する修理・リフォームが得意な工務店です。どこに頼んだらいいのか解らないそんな困ったがありましたらお気軽にご相談ください。一級建築士の大工さん私、河路隆平が全力で対応させていただきます。