荒川区町屋の雨漏りの修理です。

木造2階建て築年数は50年以上その間、屋根のお手入れはほとんどしていないようです。

ここのところ雨が降ると2階の押入れの中で雨漏りがあるようで最初は気づいていなかったようですが、荷物を出そうとした際段ボールが濡れていて「えっ!!?」となり家族会議の結果、雨漏りではないかと結論付けお問い合わせ頂けたそうです。

IMG_0940

屋根に上がり状況を確認、さすがに50年以上経過しているだけあってだいぶ瓦はズレてしまい、あちらこちら瓦が割れてしまっています。

IMG_0947

瓦の強度もだいぶ低下しており、下手に歩くと瓦が割れてしまいます。そーと割れななそうなところを慎重に押入れの直上部に到達、瓦をはがし確認、なるほどここが原因ですね。といった感じで腐っていました。

IMG_0935

ここで一度お客様に現状報告、部分的な補修もできるが全体的に痛みが強いことメリット・デメリットを説明させていただき、時期をみて改修工事を行う事になりました。

とはいえ、工事が始まるまで雨が降るたびに雨漏りするのでは困ってしまいますので応急手当として防水シートで養生することにしました。瓦をを一度瓦をはがし防水シートを敷き

IMG_0975 IMG_0976

再度防水シートが風で飛ばないよう瓦を並べました。

IMG_0977

 

荒川区町屋のリフォーム・修理が得意な工務店です。