RIMG0415

東京都足立区保木間のキッチンしたの水漏れ工事の続きです。

給湯管の穴の開いてしまった部分を切取り。パイプカッター・ワンタッチソケットを使い銅管とステンレス管を接続する準備を進めてい行きます。

接続カ所から水が漏れないように、ゴムパッキンを接続部に挟み込み

RIMG0408

 

モンキースパナを2丁使いしっかりと締め込みます。

RIMG0409

 

給湯管を床下からシステムキッチンに配管するために土台や柱を傷つけたくはないので、どこがよいか廻りを見渡すと、

土台と床板の間に根太の厚み分40㍉隙間が空いています。ここに新しいステンレス製の給湯管を配管することに決めました。

RIMG0399

 

給湯管の配管が終わり、真っ暗の床下から床上に出てきて、切取った銅製の給湯管を改めて確認する事に

 

RIMG0414

 

給湯管の周りに巻いてある保護管を剥いてみると

RIMG0415

 

針の先のような小さな穴が開いています。

ここから【シャー】と何日も水が噴き出してしまっていました。

RIMG0392

 

最後に、お湯・水がちゃんと出るか確認して作業終了です。