東京都荒川区西尾久の床暖房の床鳴り修理の続きです。

今回の床鳴りは床暖房を使用した際の温度変化が一番の原因だと考えます。床暖房を使用している際はフローリングも暖まり熱膨張しますが反対に就寝時・不在時など床暖房を停止している際は当然フローリング材も冷え収縮します。床暖房用フローリングを施工する際は膨張・収縮を考慮し専用接着剤をフローリング材製造メーカー仕様書に沿って的確に施工する必要がありますが・・・・接着剤施工がいまいちだったのか熱膨張・伸縮にフローリング材が追従できず、何度も膨張伸縮を繰り返すうちに釘が浮いてしまいフローリング材をしっかりと固定できず、かすかにフローリングと荒床(捨て貼り)の間に隙間ができてしまったため、その上を歩くと釘とフローリング材が擦れて『ギュ・ギュ』と床鳴りが発生します。

はずは浮いてしまった釘をしっかりと打ち込みます。

釘の位置は以前お話した通り「感熱シート」と小型強力磁石で簡単に見つかります。

IMGP2333 IMGP2338

隠れている釘の位置がわかったら1.5㍉のキリで隠れている釘を掘り出し

IMGP2336

釘の頭が出てきたらクギ締めを使って二度と浮いてこないようにしっかりと打ち込みます。

東京都荒川区西尾久の床暖房の床鳴り修理です⑦に続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょこっと修理・リフォーム大歓迎‼ 東京都荒川区町屋の修理リフォームが得意な工務店です。

どこに頼んでいいのかわからない・何って説明していいのかわからない。そんな住まいの困ったございましたらお気軽にご相談ください。

どんな些細な事でも一級建築士・一級建築施工管理技士が全力で対応させていただきます。

東京都(足立・荒川・北・板橋・隅田・葛飾・江東・文京・台東)埼玉県(川口市・蕨市・戸田市・さいたま市・草加市・越谷市)千葉県(市川市・船橋市・千葉市)等近郊でお困りなことがございましたらお気軽にご相談ください。

また、水漏れ・トイレのつまりなど緊急工事は24時間受け付けております。