2015-04-16 08.38.01

東京都文京区駒込 洋室の床のリフォーム(張替修理)です。

修理前の状況

2015-03-14 17.04.12

築35年程度の洋室です。当時の流行りの【モザイク柄】のフローリングの上に絨毯が敷いてあります。

写真では、お伝えすることができませんが床(フローリング)の上を歩くと≪ベコベコ≫としてしまい、グッと足を踏み込むと床が抜けてしまいそうな状態です。フローリングが≪ベコベコ≫になってしまった原因としては、経年劣化によるフローリング材内部の【せん断破壊】が考えられます。(せん断破壊については、またの機会でお話しさせていただきます。)

修理方法の選定

表面の床材(フローリング)がせん断破壊をおこし床が≪ベコベコ≫としてしまっているだけでしたら、増し貼り(現状の床板の上に新しい床板を貼り重ねてしま事)が機能面・費用面から見ても最善な策だと考えられますが、根太が折れてる・大引き・土台が腐ってしまっている。はたまた、シロアリさんに浸食されてしまっている等フローリング材以外の部材の不具合。床の水平精度が悪いといった不具合には重ね貼りでは対応できません。

今回のお宅は、長年の生活の中で床の水平精度もかなり悪くなってしまっており、水平精度が原因で引き戸の開閉にも支障をきたしている事から既存の床を剥がし床下の大引・根太からやり直す事になりました。

作業開始

お部屋に入っているタンス・ベットなどの家財を全て隣のお部屋に移動させていただき作業開始です。

2015-04-16 08.09.20

 

家財の移動が終わったら、既存の床を丸ノコ・バール・レシプロソーなどの工具を使い解体(剥が)していきます。

2015-04-16 08.38.01

ほこりが扉の隙間から、押入れの中・廊下に飛散しないよう【養生テープ】(ピンク色のテープ)を使用して扉の隙間を目張りしています。

ほこりまみれの解体工事が終了したら、床下の点検(土台の腐食の有無・シロアリ・水平精度)をしていきます。

 

続きはまた機会で

☆☆☆☆☆東京都文京区で床がベコベコしている・ギシギシ床鳴りしている等でお悩み相談事がございましたら☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

安心・安全の証 東京都知事許可・登録の工務店 株式会社隆雅『住まいの相談所』までお気軽にお問合せ下さい。

どこに頼んでいいのか解らない・よそ業者さんに聞いたけどできないと言われた・使い勝手が悪くて困っている等。お住いの事でお悩みがありましたらお気軽にお問い合わせください。

どんな些細な事でも必ず自社専属の一級建築士・大工・専門工事スタッフが全力で対応させていただきます。

東京都(足立区・荒川区・台東区・文京区・葛飾区・墨田区・北区・板橋区)埼玉県(川口市・草加市・戸田市・蕨市・さいたま市)近郊でどこに頼んでいいのか解らない事・どうやって説明したらいいのか解らないそんな住まいの困ったございましたらお気軽に0120-993-336にご相談ください。