IMG_1493

川口市栄町川口駅前の焼鳥屋さんです。

私が小さい頃は八百屋さんだったと記憶していますが、この辺一帯の商店も時代と共に様変わりしたようで、角の珍来以外は私の記憶にはないお店に変わっていました。

さてここから本題です。今回のお問い合わせの主旨は入口扉の修理です。

入口の扉(木製建具)の調子が悪く何度も何度も他の業者さんに修理していただいたようですが、すぐに下が擦ってしまうようです。

直した際は調子がいいのだが直ぐに調子が悪くなってしまい、HPを観てお問い合わせ下さったようですが、他の業者さんが何度直しても具合が悪いとなるとかなりヘビーな案件だど思いますが、最善を尽くし困ったを解消させてみます。

訪問して最初に感じたのは丁番(扉を吊る金物)のサイズと建具本体の強度でした。

扉を外してみたら見た目の想像以上に重い建具でちょっとビックリ。既存丁番では扉の自重に対して小さく対応する強度の強い丁番に交換しました。また、建具自体も何度も繰り返し修理・削っているので変形してしまい枠に綺麗に納まっていないのでたしぎをし塗装をして収め様子をみてもらうことになりました。

たぶん大丈夫だとは思いますが何度直している建具なのでちょっと心配です。