北区田端新町で玄関外灯の交換です。

こちらのお宅は20数年前私の父親が設計・施工した鉄筋コンクリート造3階建て総タイル張りのお宅です。

こちらの奥さんはとにかく綺麗好きでありまして、20数年経ってもキッチンもお風呂もピッカピカです。

そんなバックグランドもあり玄関の外灯の交換の話が始まりました。

「あの電気もう汚いから嫌なの。取り替えて」と奥様

「どれ?どこに汚い電気なんかあるの?」と私

「あれよ・あれよ、入口の上についてるやつ」と奥様

「全然汚くないじゃん・もったいないよ」と私

「そう?うー。汚いよ交換して。」と奥様「だから、もったいないって」と私

「じゃあ、外したのうち(我が家)に付けちゃうからね。」と私、そんなやりとりが有り外灯の交換を行うことになりました。

交換前は、金メッキされたフレームがシックなタイル張りの外壁に映えるいわば『ゴージャス』といった雰囲気でした。

今回はODELIC(オーデリック)製の黒を基調にしたクラシカルムード漂う重厚なポーチライトに変更しました。

今回改めて感じたことは、照明1つ取り換えるだけでもガラッと雰囲気が変わるもんなんだなと。

ちょっとしたことでも、雰囲気・使い勝手はガラッと変化します。

お住まいで気になることが有りましたら、荒川区町屋の修理・リフォームが得意な工務店『住まいの相談所』株式会社隆雅まで。全力でご対応いたします。