東京都江戸川区松島、高校野球で有名な『関東一校』裏手のお宅で給水用の水道管が浴室の床下で破裂してしまい、破裂した水道管を修理するためにやむなく浴室を解体しユニットバスを設置するはめになってしまい、新しく設置するユニットバスに合わせたアルミサッシュの窓に入替える工事も既存アルミサッシュの窓を撤去し、木下地を組み、防水処理を施し、左官下地を造り、大工さんの仕事はおわり、後は左官屋さんと塗装屋さんの工事を残すのみです。

熟練の左官屋さんの作業に先立ち安全性・作業効率を向上するため足場を組みます。

IMGP1414

壁に塗り付けるモルタルを練上げ塗り付け開始   と思いきや

IMGP1415

通常より薄塗で仕上げるため専用の接着剤を全体に塗布していきます。

IMGP1416

塗付り部分の上部よりモルタルを塗りつけていきます。

一通りモルタルを塗り付けたら、2層目のモルタルがはがれにくくなるように『ほうき』を使いくし引きを行います。

IMGP1420

周辺の厚みに合わせて2層目を調整しながら塗りつけていきます。

IMGP1422

左官工事が終り、モルタルをしっかりと乾燥させるため10日間放置。その後塗装仕上げを行いすべての工程が終了しました。

IMGP1524

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

東京都江戸川区近郊でアルミサッシュ・窓・外壁・左官工事のお問い合わせは

東京都荒川区町屋の修理・リフォームが得意な工務店 株式会社隆雅『住まいの相談所』まで