IMG_1320

『ちょこっと修理・リフォーム』作業報告

埼玉県さいたま市浦和区に建つマンション階下漏水の修理の作業報告の続き(3回目)です。

前回までの報告の中でお話しさせていただいた通り、床下の状況は洗面脱衣室に設置してある『洗面台』『洗濯機』を一時的に取外したりすることで床・フローリング材などの内装仕上げ材を開口することなく確認することが出来ました。

IMG_1317

画像はありませんが、洗濯機を動かし洗濯板を取外し床下を確認するとユニットバスの下に水が溜まっています。水が溜まっているあたりには共用廊下に設置してある給湯機からユニットバス・台所(システムキッチン)にお湯を供給するための給湯管が配管してあります 。

事前調査の結果から今回水漏れしている配管は、排水配 管給配管ではなく給湯配管という事は判明しています。給湯配管からの水漏れの際は『エルボ』と言われる給湯配管の90度曲がった継手部材に針の先端で開けたような極小の穴『ピンホール』から水が噴出しているっといったことが原因の8~9割を占めます。

と、事前の業者さんの想定カ所(廊下・扉付近)ではなく弊社は洗面脱衣室ユニットバスのは入り口付近の床下が一番水漏れカ所の確率が高いと判断し、電動工具を使用して床を開口することにしました。

IMG_1318

(開口部右側 白い管が給湯配管)

床を開口し給湯配管・床下スラブを目視すると

IMG_1320

 床下にはたっぷり水が溜まっています

IMG_1319

壁も一部開口しまし、給湯管のピンホールカ所を確認!!

やはりエルボにピンホールが出来てしまい 水が噴出しています

IMG_1322

ピンホールの開いている給湯管を抜き取り

IMG_1323

新しいポリブデン管(ピンクの管)に特殊継手を使用して引換え配管工事完了!!

置床・構造用合板で床を塞ぎCF(クッションフロアー)を貼り替え(CFは全面張替える予定でしたが、お客様の要望により開口カ所のみの張替え) 復旧工事も完了!!

IMG_1345

工事完了後の状態

施工金額は他社さんでは最低でも100万円かかると案内された工事を点検調査・配管修理・復旧・諸経費すべて合わせて総額15万円で終わらせることが出来お客様も大満足されていました。

「ちょっと怖かったけど勢いに負けて100万円の工事を依頼しなくて良かった」と安堵されていました

 

以上 『ちょこっと修理・リフォーム』埼玉県さいたま市浦和区マンションの漏水修理の工事報告でした

 

 

☆☆☆☆☆☆東京都荒川区近郊でちょこっと修理・リフォーム お家の不具合でお悩み相談事がございましたら☆☆☆☆☆☆☆

安心・安全の証《国土交通大臣》《東京都知事》許可・登録の工務店 株式会社隆雅『住まいの相談所』までお気軽にお問合せ下さい。

どこに頼んでいいのか解らない・よそ業者さんに聞いたけどできないと言われた・使い勝手が悪くて困っている等。お住いの事でお悩みがありましたらお気軽にお問い合わせください。

どんな些細な事でも必ず自社専属の一級建築・大工・専門工事スタッフが全力で対応させていただきます。

東京都(足立区・荒川区・台東区・文京区・葛飾区・墨田区・北区・板橋区)埼玉県(川口市・草加市・戸田市・蕨市・さいたま市)近郊でどこに頼んでいいのか解らない事・どうやって説明したらいいのか解らないそんな住まいの困ったございましたらお気軽に0120-993-336にご相談ください。