IMG_1322

今回の『ちょこっとリフォーム』作業報告の工事内容は階下漏水の修理です

埼玉県さいたま市浦和区に建つマンション6階にお住いの方より 階下漏水の修理のご依頼です

弊社がお伺いさせていただく前に弊社以外の2業者が訪問・点検されているようです。最初に駆けつけていただいた1社目業者さんは、【住まいるレスキュー】24時間緊急トラブルなどの際に駆けつけ対応していただけるマンション?管理会社?独自のサービスの業者さんのようです。最近はこの手のサービスのがあるマンションをよく見かけます。

が・・・・・本当に駆けつけていただけただけで・・・・・・

水道工事業者を呼んでください。と何も無かったかのように10分程度で帰ってしまったようです。

お客様は5階のお部屋の天井からお水が漏れてきてしまっているので、「5階にお住いの方にこれ以上迷惑を掛けないようにするにはどのようにしたらいいですか?」と尋ねると、

業者さんは「6階のお部屋の水道メーター付近に設置してある、止水栓で6階のお部屋のお水を止めておいたので5階のお部屋に水が漏れることはありませんよ」と6階のお部屋のお水の供給を停止させ帰って行ってしまったそうです。

当然、お水の供給が途絶えたお客様自身のお部屋ではお水が使えなくなり困り果たお客様は、検索サイトで『さいたま市 マンション 水漏れ』で検索し対応してくれ業者さんを探し当て訪問修理を依頼したようです。

電話での修理依頼から3時間程度で2社目の業者さんが訪問してくれたようです。

訪問し直ぐに点検・漏水状況確認してくれたようですが「部屋の床を全部はがさないといけないので、修理するには最低でも100万円はかかりますね。それでよければ修理始めますよ。修理しないといつまでもお水が使えなく困るでしょうから」と作業の準備を始めたようです。

説明もなく驚愕な金額にお客様ドン引き!!!「ちょっと作業を始めるのは待ってください」と作業の準備を始めている業者さんに慌ててどうにかお引取り願い、その後弊社にお問合せていただけたようです。

訪問しまずは階下漏水の被害を受けている5階のお部屋の現状を調査させていただき、その後階下漏水の原因となっている6階のお部屋を調査させていただきます。

確かに、事前に訪問させた業者さんのおっしゃる通り、床のフローリングをはがさないと漏水箇所を探し出すことが出来そうにありません。しかし、やみくもに床を開口してしまうと漏水箇所を修理した後の床フローリングの復旧に多額の費用を掛かってしまいます。出来る限り費用を抑えられるように床下の状況を確認しなけばなりません。

5階の漏水状況・お部屋の間取りなどをから床の開口カ所の候補は3カ所

廊下~洋室に入るは入り口』『キッチンシステムキッチン前』『洗面脱衣室』の3カ所

必ずどこかの床フローリングを開口しないと漏水箇所は直せません。検討違いのカ所を開口すると費用・時間ともお客様に負担がかかってしまうので悩みところです。

あなたなら先ずは、どのカ所の床を開口しますか?そして私はどこの床を開口したでしょうか?

 

作業の続きは さいたま市浦和区マンション漏水修理②

 

☆☆☆☆☆☆東京都荒川区近郊でちょこっと修理・リフォーム お家の不具合でお悩み相談事がございましたら☆☆☆☆☆☆☆

安心・安全の証《国土交通大臣》《東京都知事》許可・登録の工務店 株式会社隆雅『住まいの相談所』までお気軽にお問合せ下さい。

どこに頼んでいいのか解らない・よそ業者さんに聞いたけどできないと言われた・使い勝手が悪くて困っている等。お住いの事でお悩みがありましたらお気軽にお問い合わせください。

どんな些細な事でも必ず自社専属の一級建築・大工・専門工事スタッフが全力で対応させていただきます。

東京都(足立区・荒川区・台東区・文京区・葛飾区・墨田区・北区・板橋区)埼玉県(川口市・草加市・戸田市・蕨市・さいたま市)近郊でどこに頼んでいいのか解らない事・どうやって説明したらいいのか解らないそんな住まいの困ったございましたらお気軽に0120-993-336にご相談ください。